おっさんの街歩き(忠敬に憧れて)

首都圏周辺の見て歩きや気になった本やドラマなどについて語ります

煙草(なつくさ)や つわものどもが煙のあと2

村井財閥は、村井銀行を中心として村井汽船、村井倉庫、村井貿易を設立し多方面に事業を展開していきますが、第一次世界大戦後の不景気で村井貿易が破綻したあたりから、財閥に暗雲が立ち込めます。その最中の大正十五年(1926)に当主である吉兵衛が急死、更に翌昭和二年(1927)の金融恐慌により、村井銀行は廃業(翌年昭和銀行が買収)してしまい、ここに村井財閥は崩壊、永田町にあった約5千坪の邸宅も東京府に売却されました。

この邸宅地跡に西日比谷にあった「府立一中」が移転してきました。現在の都立日比谷高校がそれで、旧邸の門柱は今も高校の正門として残っています。

また本邸の書院は比叡山延暦寺に大書院として移築されました。

日比谷高校正門 かつて村井吉兵衛の邸宅の門でした

門柱の上に洋風の装飾

東京にあった村井銀行本店は関東大震災で焼失し、跡地に日本橋御幸ビルが建ち、一階に出入口が保存されていました。(現在その一角は再開発事業で工事中のため見ることができませんでした。)

京都にあった支店の一つ、祇園支店は菓子店が中に入り、七条支店はレストラン「きょうと和み館」として利用されています。

村井銀行祇園支店の建物

前回ご紹介した長楽館も人手に渡って、所有者を点々としていました。現在の長楽韓のオーナーによると、昭和二十二年(1947)に土手富三氏がここを訪れた時には、壁にはペンキが塗られ、荒れた状態だったといいます。土手氏は長楽館がとても好きで、持ち主に建物を売却してくれないかと何度もお願いをし、売ってもらうまでに5年かかりました。何とか応諾してもらい、購入した後、8年間をかけて一階を修復した後、本館でホテルと喫茶店を始めます。

現在の長楽韓(斜めから)

その後少しずつ修復を重ね、昭和五十五年(1980)に約30年をかけて3階まで、前漢の修復を終えました。平成三十一年(2019)には築110年を迎えました。

村井財閥は失われましたが、その建物は各地に遺されています。

次回は宣伝合戦の一方の立役者、岩谷松平のその後をご紹介します。

煙草(なつくさ)やつわものどもが煙のあと

タバコの収穫は6月中旬から9月中旬に収穫されますが、その間の7月頃に薄いピンクの花が咲くそうです。ただ、タバコの育成上栄養が花や実(種)にいかないよう、採種用のタバコ以外については花はすぐに切除されてしまうのだとか。収穫や開花の時期から、タバコは夏の植物と言ってもよさそうです。

さて、明治三十七年(1904)七月にたばこ専売法が施行され、「タバコ」の製造・販売を国の管理で行われるようになりました。これによりその年収穫されたタバコは、大蔵省専売局により製造販売が行われました。

専売後の煙草の看板 口付・両切双方が記載されています

では、専売に至るまでのタバコ税制の歴史触れてみると、明治九年(1876)に「煙草税則(たばこぜいそく)」が施行されます。それまでは煙草営業税のおみであったものに、製造煙草税を加え、たばこ」の包装に印紙を貼付することで税金を徴収しました。しかし、印紙を貼らずに出荷する脱税が横行します。岩谷松平の「勿驚(おどろくなかれ)税金たったの〇〇万圓」というのも、正規に販売を行っている、というアピールであったのかも知れません。

その後、税収の増大を図り、明治三十一年(1898)に「葉煙草専売法」が施行され、原料の葉たばこを国が買い上げました。が、逆に葉たばこの不正取引や安い輸入品の国内流入を招いてしまい、税収は増加しません。そこで政府が製造・販売を行う煙草専売法」が制定されました。

官営化にあたり、たばこ商へ莫大な補償金が支払われましたが、その中で最大の金額を獲得したのが村井吉兵衛でした。全賠償額のうち45パーセント以上にあたる1,120万円の大金が、村井吉兵衛に渡ったとされています。その補償金を元に、銀行を設立し「村井財閥」として日本石鹸、村井カタン糸(後に帝国製紙)などの事業を進めていきました。明治四十二年(1909)には京都丸山公園の一角に、国内外の賓客をもてなすための迎賓館を建設しました。完成直後にここに滞在した伊藤博文は、館からの眺めに感動し「この館に遊ばば、其の楽しみやけだし長(とこし)へなり」と詠み、それにちなんで、この別邸は「長楽館」と名付けられました。

円山公園にある「長楽館」

長楽韓案内板

また、東京にの永田町に本邸を構え、その邸宅は「山王荘」と呼ばれました。しかし、村井財閥のその後はというと・・その話は次回に。

三べえ回って煙草にしょ~天狗分け目の戦い4

岩谷松平の天狗煙草が「赤」をイメージカラーとしたのに対し、村井は白ずくめで対抗、岩谷が当時珍しい自転車で宣伝部隊を繰り出すと、村井は馬車を先頭に音楽隊をパレードさせるなど、宣伝はどこまでもエスカレートしていきます。

村井商会のタバコ宣伝車(タバコ店への配送車を兼ねています)

また、相手を誹謗中傷するような広告合戦が繰り広げられ、岩谷に至ってはそのために「国益新聞」という新聞を発行するほどでした。この二人はたばこ業界だけでなく、全産業界において広告主のナンバー1、2を争っています。

そうした宣伝合戦に批判的な目もありました。当時、「広告行列のために往来を遮断され妨害されるのは我慢ならない」という趣旨の投書も寄せられています。

また、懸賞付きのタバコ販売も行われ、その景品も次第にエスカレートします。村井商会はが新製品「バアジン」発売にあたって金時計や自転車を懸賞の景品とした際は、「富くじ類似行為」とされ、即日禁止が言い渡され、罰金1円の過料を受けました。後日最終的に裁判で無罪が言い渡されましたが、こうした販売方法にも社会の批判を浴びました。

衆目を集めたタバコの販売・宣伝合戦ですが、明治三十七年(1904)に終焉を迎えます。国家の財源確保(この年二月に日本はロシアに宣戦布告、日露戦争が開戦しています)のため、「たばこ」の製造から販売までを国が管理する「煙草専売法」が七月に施行されたのです。

千葉商店が専売開始にあたって出した広告

専売制開始にあたって、煙草製造業者は廃業にあたって補償金を支払われ、それを元手にに新たな分野に進出していくことになるのですが・・・

次回以降では、岩谷・村井のたどったその後についてご紹介していきます。

三べえ回って煙草にしょ~天狗分け目の戦い3

村井吉兵衛が岩谷松平と対象的といわれる理由の一つに、「ハイカラ」なイメージがあります。明治二十四年(1891)に発売したサンライズ」はネーミングもさることながら、日本ではまだ普及していない「両切タバコ」(これについては前々回ご紹介しました)でした。

これが大いに人気となった後、吉兵衛はアメリカに渡り視察を行ないます。このときの渡米の経験を活かし、タバコの製造や葉タバコの買付、宣伝方法などに工夫を懲らしていきます。
帰国後更に改良を重ねた結果、明治二十七年(1894)、国産タバコとアメリカ産タバコをブレンドした「ヒーロー」を発売、更に人気を高めました。同年、「合名合資会社村井兄弟商会」を設立します。「兄弟商会」というのは、彼は次男で叔父の養子となっていたのに対し、本家を継いでいた実兄と組んで設立した会社だったことが由来です。

京都東山区の特別老人ホーム敷地内に残る「村井兄弟商会」標石

さて、吉兵衛が行った販売促進策のひとつに「タバコカード」と呼ばれる「おまけ」を付けたことにあります。トランプや花札、女性の写真などをカードにしてタバコの箱に同梱したわけですね。

タバコのおまけ「タバコカード」

当時は喫煙に年齢制限はありませんでした。それが明治三十三年(1900)に「未成年者喫煙禁止法」が施行され、文字通り「たばこは二十歳になってから」となりました。

子どもたちは「たばこカード」に夢中になり、カード収集のため喫煙する子供が急増し、政府は慌てて法令で年齢制限を行ったのでした。

また余談になりますが、この時期に京都にあった花札製造会社が、トランプの製造を始めます。創業者の山内房治郎は村井吉兵衛と知り合いでしたので、村井商会が全国に持つたばこ屋の販売ルートを利用して、トランプ・花札というカード類の販路を大きく広げることに成功しました。そして日本のトランプ・花札の最大手となったこの会社の名は「任天堂」といいます。タバコの宣伝合戦が東で広告代理店、西でゲーム会社を発展させていった、というのも興味深い話ですね。

話は戻って、次回以降もタバコ宣伝の話が続きます。

三べえ回って煙草にしょ~天狗分け目の戦い2

岩谷松平と村井吉兵衛は「宣伝合戦」と世間周囲が囃すのも無理もないと思えるほど対照的でしたが、広告の重要性を知り、実践したという点では一致しています。
松平は、豪放磊落(ごうほうらいらく)そのものといったイメージです。天狗煙草のブランドを浸透させるため、銀座の店舗は一面真っ赤に塗った上、店主である自分自身も真っ赤な衣装に身を包むだけでなく、赤い馬車で街中を回って練り歩く(走る?)徹底振りでした。妻がなくなったときには、なんと葬儀のときに赤い棺を用意したといいます。今でいうコーポレートカラー(赤)やキャラクター(天狗)を前面に押し出したわけです。
新聞広告がまだ一般化されていない時代に、景品付きという販売方法の新聞広告を出し、紙巻たばこの宣伝も行いました。

天狗煙草の看板 丸に十字の商標が目立ちます

また、商標に故郷薩摩の藩主、島津家の家紋を模した「丸に十字」のマークを採用しています。ただ、この丸に十字の紋、十字の上下が丸に接しておらず、若干は島津家に憚ったのかも知れません。

天狗煙草のポスター 裸の女性の左上に天狗が
余談ですが、松平の乗る赤い馬車から声をかけられた光永星郎(みつなが ほしお)は、明治三十四年(1901)同じ銀座に新聞社に広告を取り次ぐ広告代理店、「日本広告株式会社」を設立します。設立当初は社員8名という小さな会社でしたが、この小さな会社が後の「電通」に発展することになります。

話を戻して、松平は「東洋煙草大王」「大安売りの大隊長」を自ら名乗っています。
金天狗(20本入り5銭)から小天狗(50本入り7銭)らの商品は確かに舶来紙巻タバコの半値位の価格でしたから、「大隊長の名に恥じない価格設定でした。
各地の店に掲げた看板には、「勿驚(おどろくなかれ)税金たったの五十万圓」「慈善職工三萬人」の文字が書かれています。(上の木の看板の写真の左右にその文言が書かれているのですが、うまく映っていません)
「こんなに煙草が売れた結果、50万円も(「たったの~」は逆説的に使っているのでしょう)納税している」「職工を三万人も雇い入れ、雇用を生み出している」とのアピールですが、この数字、税金の額は百万、二百万へと、職工の数は十万人、二十万人へと次第に増えていきました。これは相当過大な数字だったようで、今だと「過大広告」となっているかも知れません。
一方、村井吉兵衛はというと、こちらについては次回以降で。

三べえ回って煙草にしょ~天狗分け目の戦い

明治五年(1872)に土田安五郎によって国産第一号の紙巻きタバコが製造され、明治十四年(1881)には「博覧会」出品した商品が有功賞牌を受賞したところまでは、前回のテーマでご紹介しました。

とはいえ、紙巻きタバコを国内に大々的に広めたのは、明治十七年(1884)に銀座に「岩谷商会」を立ち上げ、「天狗煙草」のブランドで大々的に売り出した 岩谷 松平(いわや まつへい)でした。

明治のタバコ王「タバコ三べえ」

松平は、薩摩の出身で、元々銀座(現在の松屋百貨店のあたり)で「薩摩屋」という薩摩物産販売店を開き、そこで薩摩の特産品である煙草も販売していました。

原料を巻紙に送り出す足踏み填充機を導入し、手作業が欠かせない紙巻きタバコを大量生産することで、「天狗煙草」は大いに売れ、大成功します。

現在のタバコは吸口の部分にフィルターが取り付けられていますが、当時の「天狗煙草」は、紙巻たばこに口紙と呼ばれるやや厚い円筒形の吸い口をつけた「口付(くちつき)と呼ばれるタイプでした。

天狗煙草のパッケージ

翌年、同じく東京の千葉商店の千葉松兵衛が「牡丹印」のブランドで紙巻きタバコを発売、タバコの製造・販売は次第に大手が牛耳っていくことになります。

大量生産・販売のために宣伝合戦が繰り広げられます

今ご紹介した二名に少し遅れ、京都で煙草の行商を行っていた村井吉兵衛は、東京でのこれら二人の盛況ぶりを視察・研究し、紙巻煙草の製造に参入します。明治二十四年(1891)にアメリカ人技師の協力で日本初の「両切り紙巻き煙草」を製造、「サンライズ」のブランドで販売します。「両切り紙巻き煙草」は刻んだタバコ葉を紙で巻いて両端を揃えて切ったタイプのもので、巻き上げ機など米国の技術を導入して完全機械化することで、更に製造効率を高めました。

これで明治のタバコ王、松平・松兵衛・吉兵衛の「タバコ三べえ」が揃い踏みしました。特に岩谷松平と村井吉兵衛の二人は「明治たばこ宣伝合戦」と呼ばれる争いを繰り広げていくことになるのです。その話は次回以降で。

 

煙に巻く、紙で巻く2

紙で巻く方の機械が発達しても、中に巻く刻みタバコがないと紙巻きタバコは大量製造できません。江戸時代の「器械」では生産効率が悪く、追いつきません。

以前の回で紹介した、「かんな刻み機」、「ぜんまい刻み機」の両者ですが、当初効率としては前者が優れていたことから普及しましたが、次第に後者の改善バージョンが業界を席巻していきます。

一つには品質の良さ、ということが大きな要因ですが、もう一方で「ぜんまい」動力を他の動力に替えることにとより生産効率を大きく向上させることができたからです。

明治時代には、水車(水力)、蒸気機関等の動力により、品質・生産効率双方の欠点がなくなり、全国に普及してきます。

酒井式刻み機 足踏み式ミシンのようなペダルがついています

明治十九年(1886)、江戸時代から東京で鍛冶職を営んでいた酒井家の第十八代、酒井太郎吉は、芝の金杉川口町に「酒井工場」を創設し、「酒井細刻機械」の販売製造を始めます。当初は上記のような足踏み式でしたが、動力化することで、明治四十年(1907)には全国業者品評会にて全国第一位となりました。この品評会の主催者は「専売局」。この三年前にタバコは製造が専売化されたため、そのための機械を統一化するためにこの品評会を開いたものと思われます。これにより、酒井工場は専売局(のちに専売公社)に「酒井細刻機械」を一手納入することとなりました。昭和30年代半ばまで、「細刻みたばこ」はこの機械によって作られたのでした。

というのは後の話で、専売化されるまでの間、日本には「タバコ」の製造業者、いわゆる「タバコ商」がそれぞれ特色あるタバコを製造していました。明治三十年頃にはその数、5,000人に上ったともいわれています。

機械化により、これまでの問屋制手工業から工場制手工業へ、そして工場制機械工業へと移行していき、近代的な会社形態の「タバコ商」が業界を席巻するようになります。

そうすると、品質は同じくらいでも、商品を売るために広告・宣伝に力を入れることになります。ようやく次回は明治のタバコ宣伝合戦に話を進めていきます。