おっさんの街歩き(忠敬に憧れて)

首都圏周辺の見て歩きや気になった本やドラマなどについて語ります

蒸気機嫌で乗り乗り3

これまで、このブログで江戸時代以前の日付を記載する場合、日本古来の太陰暦による表記(旧暦)で表してきましたが、モレルと鉄道の建設についての記述に関しては、元号表記はそのままに、太陽暦(西洋暦=新暦)で表します。

前回ご紹介したように、モレルが来日したのは明治三年(1870)4月9日のこと。横浜港への入港をはたしたモレルは、建築師長(技術主任)に任命されます。来日してすぐの19日には、伊藤博文(民部大蔵少輔兼会計官権判事⇒現在の財務省局長あたりでしょうか)に対して意見書を提出しています。

この意見書には、彼に委ねられた新橋~横浜間の鉄道建設に関するものだけでなく、その後鉄道の運営・維持に必要な人材教育の必要性も触れられていました。更に翌月月28日には、社会インフラ基盤整備などを推進する省庁として工部省(今でいう経済産業省が近いでしょうか)、およびその教育機関である工学寮(工業系の教育機関なので工業大学みたいなもの⇒後に実現し、東大工学部の前身となります)の設置を提言しました。

こうした先を見据えたインフラ整備の省庁や人材育成制度に加え、彼の功績として必ず挙げられるのが、線路に関するものです。民舞大蔵大輔(財務省次官クラス?)の大隈重信と相談、レールの幅(軌間)を祖国イギリスより狭い1,067 mmの狭軌(きょうき)と定めました。

二本のレールの幅を1,067mmとしました

モレルの母国イギリスでは、レールの幅は1,435 mmと定められていました。モレルはそうはせず、狭軌を選択し、採用されました。

これは、同じ距離の鉄道を作るにあたって、線路の幅が狭い方が建設費が安くつき、また山がちの日本では、カーブやトンネルの工事が必要となりますが、これも狭軌の方が工事が容易なことが利点とされたためと思われます。また、狭軌はイギリス植民地の鉄道でも使われており、導入の面でもそれほど支障はなく、閣議において狭軌の採用が決定しました。

レールの幅は決まりましたが、も列のもう一つの功績に関しては次回に。

蒸気機嫌で乗り乗り2

この稿を書くにあたって調べてみたところ、日本における鉄道の建設計画は、江戸幕府の時代にすでにあったというのを知りました。慶応三年12月23日、(西暦【太陽暦』でいうと1868年1月17日となり年が改まっています)に、アメリカ領事館書記官のポートマンにあてて、江戸~横浜間の鉄道設営免許が与えられています。

幕府老中の外国事務総裁、小笠原長行名でこの免許が出されているのですが、この日の約半月前の12月9日に、「王政復古の大号令」が朝廷から発せられています。

江戸幕府アメリカに鉄道建設の免許を与えていました

いわば、政権担当の境目に旧政府側から振り出された「約束手形」ですが、この鉄道免許の中身は、「完成した鉄道に対する経営権はアメリカ側が保有し、この経営の収益はすべてアメリカ資本の鉄道会社のものとなる」という内容でした。

これに対し、明治政府は、この免許は王政復古後のものであるから無効であると主張し、アメリカによる建設計画を拒否・却下します。一方政府側でも鉄道建設について検討が行われ、明治二年(1869)11月に新橋・横浜間の鉄道建設計画を決定します。

アメリカに出された免許が「外国管轄方式」なのに対し、日本が経営権を有する「自国管轄方式」での計画でしたが、当時の日本の技術力や資金では、独自で建設を行うことは不可能でした。ここで助力を仰いだのが、鉄道発祥の国、イギリスです。

日本の鉄道の礎を築いた イギリス人鉄道技師E・モレル(桜木町駅展示より)

イギリスから技術や資金を援助してもらって建設を進めることとし、そのために明治三年(1870)イギリス人技術者エドモンド・モレルが来日、建築師長に着任して工事が本格的に進められました。ちなみに上の写真で結構な年齢に見えますが、来日したのが29歳の時で、翌年に30歳の若さで肺結核で亡くなっているので、最晩年としても30歳の時の写真です。このモレルが「日本の鉄道の恩人」と賛えられる人物なのですが、その活躍については次回以降に。

蒸気機嫌で乗り乗り

ようこそのお運び厚く御礼申し上げます。

JRの駅構内のいろんなところに、「鉄道開業150周年」のポスターが貼られています。10月14日の「鉄道記念日」は、明治5年(1872)に新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを受け、平成六年(1994)に制定されました。

このブログでも、この150周年に便乗し、鉄道関連の史跡・展示などをご紹介していこうと思います。

旧新橋停車場の写真

さて、日本で初めて蒸気機関車が走ったのは、鉄道開業の19年前にあたる嘉永六年(1853)7月のことです。といっても実物大の汽車が走ったわけではなく、軍艦に載せて運ばれてきた模型です。時期的にペリーを想像されたかもしれませんが、長崎を訪れたロシアのプチャーチン一行が長崎に入港した際の話です。半年にわたる開国交渉の間、軍艦上に日本人を招待し、展示された模型を運転して見せました。川路聖謨などもこの時紹介されたうちの一人でした。

翌年の嘉永七年(1854)、横浜においても横浜模型の蒸気機関車が走りました。こちらはペリー2回目の日本訪問に際して、フィルモア大統領から将軍への献上品として持参したものでした。模型とはいっても、機関士が乗って運転したといいますから、ロシアの模型に比べると、ずいぶん大きく本格的なものだったようです。

ペリーの日本遠征記によると、

客車は小さく、6歳の子供をやっと乗せて動かすことができるくらいのものでした。けれども日本人は、それに乗らないと承知ができず、そして車の中に入ることができないので、屋根の上に乗った。

この時、アメリカ人に交渉し、客車にまたがって乗ったのが、河田八之助という幕臣で、後に日米和親条約の草案を作成したうちの一人です。河田はその時の感想を次のように遺しています。

火発して機活き、筒、煙を噴き、輪、皆転じ、迅速飛ぶが如く、旋転数匝極めて快し

意訳すると、(蒸気機関車は)火を吹くと機械が動き出し、筒からは煙を噴き出すと、車輪すべてが動き出し、飛ぶような速さで、(線路を)周回したが、とても気持ちのいいものであった、というようなことでしょうか。

最初に蒸気機関車を運転したの日本人は、江川英龍

また、江川英龍もこの場に同席しており、自らの手で運転したいと申し出て、運転を成功させた記録も残されています。

鉄道開業以前の話で終始してしまいましたが、次回以降、鉄道開業についてご紹介します。

悲願花と椿

彼岸花について書いた前稿の最初に、新美南吉の代表作「ごんぎつね」と彼岸花のイメージについて触れ、作中では兵十の亡母の葬列の行きと帰りのシーンにその記述があることをお伝えしました。

葛飾区宝蔵院の彼岸花(2022年9月23日撮影)

彼岸花の名所について調べた際、南吉の故郷である半田の矢勝川(やかちがわ)の堤が彼岸花の名所であることを知りました。東西約2kmにわたって、300万本の彼岸花が咲きそろうそうです。その記事をどこかで見ていて、私のごんぎつねと彼岸花のイメージを形作ったのかも知れません。

南吉は大正二年(1913)に生まれ、昭和十八年(1943)に結核のため、29歳で亡くなっていますが、その時期にはこの川筋の景観は存在していませんでした。

他の群生地と同じように球根を植えて増やしていったのですが、元々は一人の老人の行動が次第に賛同者を増やしこの景観を生み出したのです。

大正七年(1918)に南吉と同じ半田に生まれ、同じ小学校の四学年下であった小栗大造さんがその人でした。思い立ったのが、平成二年(1990)小栗さんが72歳の時のこと。作品の風景にちなんで、南吉の歩いた矢勝川を彼岸花で埋め尽くそうと、まず始めたのが土手の雑草を取り除くこと。それだけで2年を費やし、そこから球根を植えていったといいます。最初は「毒のある、縁起の悪い花を植えるなんて」「堤防が弱体化する」などの非難も受けましたが、次第に賛同する人が増え、自治体も協力するようになり、今の景観となりました。

2kmも続くのを想像するだけでもすごさが伝わります(写真は水元公園

小栗さんは平成二十九年(2017)に99歳で亡くなられましたが、遺言でその死は周りに知らされず、葬式も執り行われませんでした。そして遺体は大学に献体されました。

この話を知った時、南吉の最晩年の作品、「牛をつないだ椿の木」を思い出しました。

人力車夫の海蔵さんが、皆の通る山道の椿の木の近くに井戸を掘る話ですが、日露戦争に出征する直前、完成した井戸で、子供たちに続いて水を飲み、

「わしはもう、思い残すことはないがや、こんな小さな仕事だが、人のためになることを残すことができたからのォ」

海蔵さんは日露戦争で戦死してしまいますが、この童話の最後の部分を、小栗さんの話と重ね合わせると、次のように締めくくれるでしょうか。

しかし、小栗さんのしのこした仕事はいまでも生きています。川の土手に彼岸花はいまも真っ赤な花を咲かせ、川端を歩く人たちはその鮮やかさに魅せられ、また道をすすんでいくのであります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

彼岸 GOGO7

千葉県八千代市の「村上緑地公園」も彼岸花の群生地として知られており、公益財団法人八千代市地域振興財団と市民ボランティアの方々によって、生育が整備:管理されています。この時期は多くの車による来園があり、誘導及び場内整理の要員配置のための費用として、500円の協力金が依頼されます。

村上緑地公園の彼岸花 2022年9月17日撮影

南北に細長く伸びる公園のちょうど真ん中あたりに彼岸花を植えた一角があり、約20万本の花が咲き誇る姿を見せてくれます。この一帯が丘陵を形成していることもあり、起伏にとんだ地形で彼岸花が育っていて、日向と日陰でも赤の発色具合が異なって見えたり、生育具合も若干ずれて満開と開花前の個体差を観察出来たりもします。

開花直前の彼岸花

訪れた9月17日は、ちょうど「やちよ彼岸花まつり」のイベントが行われている日で、地元の消防音楽隊や和太鼓の演奏会なども開かれていました。(車で来園すると、駐車協力金のお願いのパンフレットの入った、祭りのクリアファイルが配られました)

 

翌日18日の午前中に訪れたのは、葛飾区の「水元公園」。花菖蒲や蓮などでもご紹介した水元公園ですが、この時期には彼岸花が目を楽しませてくれます。といっても広大な水元公園のうち、彼岸花が群集して咲く一角はそれほど広いものではありません。

花菖蒲園の近くにある芝生広場の斜面に彼岸花が植えられています。

遠目に観ても、彼岸花の咲く一角はそれほど広くはありません。が

植えられた広さはさほどではありませんが、近寄るとその密度に驚かされます。これまでご紹介した群生地でも、合間合間に花茎の生えていない「隙間」が少しはあるものですが、ここは日当たりがいいせいなのか何なのか、とにかく密集度合いがすごい!

全く隙間のない「赤い集団」

所狭しと、彼岸花の「赤いモシャモシャ」が咲き乱れ、英語の別名である赤い蜘蛛(red spider lily)が大量発生したかのようです。

このシリーズでは彼岸花と東京近辺の名所をご紹介しました。今年の見頃もあとわずかかと思いますが、是非お近くの名所で楽しんでいただければと思います。

次回は、この稿の最初で触れた、新美南吉彼岸花の話にちょっと戻ってご紹介します。

彼岸 GOGO6

松戸市金ケ崎にある「祖光院」は、公式HPによると、天明年間に建立された曹洞宗のお寺です。檀家さんのお彼岸のお参りの際に楽しんでもらおうと、平成5年頃から彼岸花を植え始め、次第にその数と面積を増やしてこられたそうです。
当初は100球くらいの植栽だったのが、今では数万万本の規模になりました。(お寺のHPより、10万本と紹介されているHPも)

祖光院の彼岸花 2019年9月28日撮影

お寺の境内でありながら、それなりの面積の雑木林の中に群生していることから、地元では「ミニ巾着田」と呼ぶ人もおられるとか。巾着田と比べると(いずれも数年前に観た印象ですが)白い彼岸花の比率が若干多いような気もします。

黄色も混じった三色のショット

植栽・管理をされている造園業者さん(檀家さんだそうです)が、HPにて開花状況を公開されています。(この時期は毎日開花状況を更新していただけるので有難いです)

この項を書くのに拝見したところ、22日は「本堂脇は満開で見頃」とのことです。また、ピンク色の彼岸花も見られるとのこと。三連休はたくさんの方が鑑賞されるのでしょう。(お天気だけが心配ですが)

さて、東京都内ではというと、小岩駅から北西方向、徒歩20分弱の葛飾奥戸にある「宝蔵院」をご紹介します。お寺の境内もこじんまりとしていて、彼岸花の数も1,000本ほどといいますから、規模は先の2ヶ所と比べるべくもありません。しかし、数はともかく雰囲気は負けておらず、石仏や石塔の手前に咲く彼岸花は、まさに「彼岸」を感じさせてくれます。

宝蔵院の彼岸花 石仏が「それらしさ」を醸し出します(2019年9月29日撮影)

また、本堂の横には百日紅さるすべり)も花を咲かせていて、双方を写真に収めることもできます。

百日紅彼岸花

駅からちょっと遠いこともあって、三年前に訪れた際は、数人の方と行き違うくらいでしたが、さすがにお彼岸の時期ですから少しは混雑するかも知れません。

次回は、あと二か所ご紹介して、若干の余談を加えつつこの稿の終わりとしたいと思います。

彼岸 GOGO5

別名が全国各地にあることからわかる通り、北は北海道、南は沖縄に至るまで、彼岸花は生育していますが、その場所は土手・堤・田んぼのあぜ道・墓地などです。これらに共通するのは、「人の手で掘り返された」あるいは「掘って積み上げられた」地で、かつ「適度に湿気のある土地」ということです。

球根に毒があることを利用して、土を荒らすモグラやネズミなどの小動物、虫を避けるために植えられたものと言われています。田んぼのあぜ道や土手に咲いているのは、稲を守り土手の土を荒らされないように植えられたということ。また、ミミズもその毒のために減るようです。

お寺の境内、墓地にも彼岸花が見られます(小岩 宝蔵院)

墓地に植えられるようになったのも、土葬されたお墓を害獣に荒らされないようにという目的のあってのことで、それがもとで不吉な別名をつけられた彼岸花にしてみれば、とんだとばっちりで迷惑な話です。

さて、今年のお彼岸は三連休。東京近辺の彼岸花の名所をいくつかご紹介できればと思います。まずは、日本一の彼岸花群生地として知られる、埼玉県日高市の「巾着田」。その数は500万本といわれます。

巾着田」(きんちゃくだ)とは地図からも言い得て妙な地名です

この地は地元では川原田と呼ばれ、文字通り高麗川(こまがわ)がU字型に湾曲した地域に田んぼが広がっていたそうです。「こまがわ」の地名からもわかる通り、渡来人が住み着いたのが8世紀ごろで、この地に稲作を伝えたのだとか。彼岸花が群生するようになったのは昭和50年~60年代のことだそうで、この地を日高町(当時)が取得し草藪を刈り取って整地したところ、彼岸花が大規模に群生するようになりました。

巾着田彼岸花 2017年9月20日撮影

湾曲した流れの地形のため、河川の蛇行や大雨による氾濫等により、球根が川の流れの内側に流れ着き、適度の湿気のある環境も相まって、これほどの大群生となったものと思われます。今ではこの時期になると多くの観光客でにぎわいます。5年前の訪問時も平日でしたが、私より10-20歳くらい年配の方が大勢鑑賞に来られていました。

川沿いの雰囲気も素敵です

今年の曼殊沙華まつりは今月17日から、来月2日まで開催されるそうです。

すっかり観光地として有名な巾着田ですが、次回はそれよりは人の多くない彼岸花の名所をご紹介します。